「数年後、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)のカテゴリは、世の中から消える」。ISVに迫る危機について、1stホールディングス社長の内野弘幸は、こう断定する。企業が海外展開することがあたりまえになり、クラウドがビジネスの中核をなす時代。「情報システム担当は、グローバルで物事を考えるので、旧来の日本モデルは成り立たなくなる」。内野は、国内ISVに警鐘を鳴らす。(取材・文/谷畑良胤)