その他

関電システムソリューションズ 自治体向けビジネスを開始 コンサルティングでSI案件獲得を狙う

2012/10/25 21:03

週刊BCN 2012年10月22日vol.1453掲載

 関西電力グループのシステムインテグレータ(SIer)である関電システムソリューションズ(田村和豊社長)は、業務コンサルティング事業を立ち上げ、これまで入り込めなかった関西地区の地方自治体の開拓に取り組んでいる。業務コンサルティングを通じて自治体とのパイプを太くし、中期的に、システム構築案件の獲得を狙うという戦略だ。ここ数か月、自治体向けコンサルティングの受注が増えており、今後、関西地場のパッケージベンダーと提携して自治体向けSI事業をものにする。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

関電システムソリューションズ 大阪中心部に「第3データセンター」を開設 「都市型」の利便性と「省電力」をあわせもつ

関電システムソリューションズ 社長 田村和豊

関西地区のDC需要 4月以降に「第三の山」が出現

野村総合研究所(NRI)、関西地区に最新鋭DCの建設を検討

外部リンク

関電システムソリューションズ=http://ks-sol.jp/