その他

企業にも「Amazon中毒」が蔓延か AWS活用で問われるSIerのバランス感覚

2013/01/17 14:53

週刊BCN 2013年01月14日vol.1464掲載

 便利だからといって、ついついAmazonのネット通販で買い物をしすぎてしまうことを「Amazon中毒」と揶揄することがあるが、企業向けの情報サービス領域でも同様の現象が起きている。パブリッククラウドサービスのAmazon Web Services(AWS)の機能拡張が進み、ユーザー企業の基幹系システムでの使用にも耐え得るレベルまで高まっているからだ。2012年下半期(12年6~12月)の「AWSパートナーアワード」では、ERP(統合基幹業務システム)ベンダーのワークスアプリケーションズや、大手SIerのTIS、NTTデータグローバルソリューションズなど有力ベンダーが表彰された。表彰の中身をみると、ERPやビッグデータ解析、SAP本番環境と、重要システムの事例が目白押しだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

パブリッククラウドビジネス 本格的な立ち上がりの兆し AWSの活用で「前年度比8倍の売り上げ」

クラウドサービス再販体制構築の動き

違いが際立つクラウドサービスの販売戦略 富士ゼロックスとリコーの相違点

<Industry Chart 業界の今を俯瞰する>クラウドサービスの販路 販売チャネルの整備が進む 相関関係や販路開拓の策を探る

<Industry Chart 業界の今を俯瞰する>中小企業向けクラウドサービス 発展途上だが、成長性は期待大 新規参入が進み、淘汰も始まる