クラウドサービスベンダーの「マネージドクラウドサービス」への流れが顕著になってきた。パブリッククラウドの初期設定の代行や、仮想プライベートクラウドのサービスの充実、既存のホスティングサービスとの連携強化など、低価格のクラウドサービスであっても多様なサービスを受けられるサービスメニューの整備が急ピッチで進められている。大手企業やIT系企業のユーザー層だけでなく、中堅・中小のユーザー層にもクラウドを浸透させるためには、ITの専門知識がなくてもクラウドを使いこなせるマネージドサービスの充実が欠かせないという判断からだ。(安藤章司)