その他

中国のビッグデータ市場 100億元のビッグビジネスに成長 日系ベンダーは魅力市場の開拓に挑め

2013/03/21 21:03

週刊BCN 2013年03月18日vol.1473掲載

 中国のビッグデータ市場が、2016年までに100億元(約1500億円)の規模に拡大する。中国の有力調査会社であるCCID Consultingへの取材で明らかになった。同時期に765億円(IDC Japan調べ)に達すると予測されている国内ビッグデータ市場の2倍の大きさだ。都市化が進んでいる中国では、各市政府が市民向けサービスを強化して大量データの処理に直面する状況にあって、とくに公共セクターでビッグデータ製品の需要が旺盛だ。大量データ処理に適した「PureData System」を展開するIBM中国は「四半期ごとに50件もの契約を結んでいる」(公共セクターの范宇総経理)と、一歩先んじて市場開拓を進めている。中国でのITサービス展開に取り組んでいる日系ベンダーも、その動きをさらに加速することが求められる。(ゼンフ ミシャ)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

日本IBM、垂直統合型「PureSystems」の第三弾、ビッグデータ処理用「IBM PureData System」

<賽迪顧問の調査で読み解く日中IT市場の変遷>高度成長続ける中国IT市場

話題のビッグデータ<第2弾> 販社はどう動くか

IBM中国 公共案件の獲得に意欲