参入障壁の高い領域に挑む。よほどの勝算と覚悟がなければ、投資の回収は望めない。国内の会計事務所は、大小合わせて全国に約3万2500事務所が存在する。その8割には、TKC、日本デジタル研究所(JDL)、ミロク情報サービス(MJS)の上位3社の会計事務所向け専用機やシステムが入っている。新規参入して新しいシステムに覆すのは容易なことではない。“ホワイトマーケット”は、ほとんど残っていない状況だが、2009年6月、この領域に果敢に挑んだのが、アカウンティング・サース・ジャパン(A-SaaS)だ。(取材・文/谷畑良胤)