ソリトンシステムズ(ソリトン、鎌田信夫代表)は、インターネットを利用した選挙運動が解禁になる7月の参院選に向けて、立候補者の街頭演説などの様子を携帯電話回線を使ってライブ中継するサービスを7月1日に開始する。

 ソリトンは、街頭演説や集会を撮影し、携帯電話回線を使ってどこからでもネット経由で配信するサービスを開発。放送局の生中継などで実績のあるソリトンのライブ中継システム「Smart-telecaster」を利用して、撮影から動画配信サービスへの送出業務までをリーズナブルなコストで提供する。臨場感ある生のスピーチの様子を配信することによって、候補者の主張をより多くの有権者に効率よく訴えることができる。

 サービスの開始にあたって、ソリトンは安定したオペレーションを提供するために専用のスタジオを開設。ライブの映像は、いったん東京・新宿にあるソリトンのスタジオで受信し、Ustreamやニコニコ生放送などの動画中継サービスに専用のアクセスラインを経由して送出する。タイトルやお知らせの挿入など、配信の際に簡単な編集を行う機能を備えており、緊急時には映像を差し替えるなど、従来の動画配信サービスでは無理だったきめ細かなオペレーションができる。

 選挙演説ライブ中継サービスの価格は40万円から。スタジオ中継サービスの価格は15万円から。