営業担当になって、まだ2年目に入ったばかりの新人だ。お客様の心を動かす営業トークや提案活動の段取りについては、経験豊富な先輩に勝てるとは思っていない。私が強みにしているのは、お客様に対して「わかりません」と正直に言える、新人だからこその特権を前面に押し出すことだ。(構成/ゼンフ ミシャ  写真/長谷川博一)