大手ITベンダーは、電力をはじめとするエネルギー小売りを手がける企業に向けたビジネスに本腰を入れる。電力小売市場の自由化によって、2016年以降は一般家庭や商店などのユーザーが電力会社を選択できるようになる。これによって、電力小売会社間の競争が激化する可能性が高い。そうしたなかにあって、ITベンダーは情報システムを前面に出して訴求し、既存の電力会社と市場に新規参入する企業に向けた提案活動に力を注ぐ。(ゼンフ ミシャ)