【烏鎮発】中国政府が、外資系IT企業に対して歩み寄りの姿勢を示している。2015年12月16日、「世界インターネット大会」の開幕式で基調講演した習近平国家主席は、外資への市場開放を強調した。翌17日には、これを反映するかのように、マイクロソフトと中国電子科技集団(CETC)が合弁会社の設立を発表。市場開放が進めば、外資系IT企業は、苦戦を強いられていた中国ローカルビジネスの展開にはずみがつく。(上海支局 真鍋 武)