沖電気工業は2月4日・5日の2日間、名古屋・伏見の同社中部支社で「OKI中部ソリューションフェア」を開催し、愛知・岐阜・三重・静岡の顧客や販売パートナーに最新の製品やサービスを紹介した。中部支社が主体となって単独のソリューションフェアを開催するのは初の試みという。とくに、この地でICT需要が期待できる製造と流通の2業種に注力しているが、その背景には人口減という共通の課題があった。(取材・文/日高 彰)