ネットジャパンは、バックアップソフト「ActiveImage Protector」関連のビジネス拡大に注力している。マイクロソフト製仮想化ソフト「Hyper-V Server 2016」への対応や、セキュリティベンダー、ストレージベンダーと組んでランサムウェア対策ソリューションの展開を図るなど、製品の機能強化やビジネス領域を超えた取り組みを強化している。データを守るという需要が増えていることから、バックアップソフト市場は競争がさらに激しくなると予想される。そんななか、ネットジャパンは他社との差異化を追求している。(取材・文/佐相彰彦)

実績は3万5000ライセンス超

佐藤尚吾
部長

 ActiveImage Protectorは、OSやアプリケーション、データを一括してバックアップするイメージバックアップ製品。WindowsやLinuxなどのOS環境において、ユーザー企業は簡単な操作で、サーバーやクライアントPC、仮想マシン、クラウド上で利用が可能である。保存先は、ディスクであればUSBやネットワークストレージ、iSCSI、FCなど、事業規模に合わせた自由な構成が可能となっている。佐藤尚吾・営業本部営業企画部部長は、「ライセンス数は3万5000を超えた」と自信をみせる。「簡単」を武器にSMB(中堅・中小企業)を中心にユーザー企業を獲得しているようだ。

 2017年3月には、「ActiveImage Protector 2016 R2 for Hyper-V Enterprise」の販売を開始。Hyper-V Server 2016に対応し、リモートのHyper-Vホストにも高速にリストアできる製品だ。佐藤部長は、「サーバーの仮想化の現場では、Hyper-Vの導入が急激に伸びている。以前に比べて容易で安価になっていることから、とくにSMBで伸びが顕著になってきた」と前置きしたうえで、「物理サーバーと仮想環境の両方を管理する必要があり、システムが複雑化している。そのため、バックアップの点でも多数の仮想マシンのバックアップやリストア作業の煩雑さ、バックアップ時間やデータ容量の増大、ネットワークへの負担など多くの問題が浮上している。それを解決したい」と市場に投入した理由を語る。ActiveImage Protectorでは、仮想マシンごとに1台1台バックアップソフトをインストールし、個別にバックアップイメージを作成して管理するという、煩雑な作業が不要だ。また、新機能「ReZoom it!」の搭載によって、Hyper-Vホスト全体のバックアップイメージのなかから必要な仮想マシンを選択して個別にリストアし、復旧の簡素化を実現している。
 

ランサムウェアからシステムを守る

 ネットジャパンでは、仮想環境への対応による製品強化に加えて、ビジネス領域の拡大にも取り組んでいる。エムオーテックス、アイ・オー・データ機器と組んで、「ランサムウェア対策」をキーワードにシステム保護・復旧も可能な総合的なソリューションの提供に踏み切った。

 具体的には、エムオーテックスのIT資産管理ソフト「LanScope Cat」とアイ・オー・データ機器のNAS「LAN DISK」に、ActiveImage Protectorを組み合わせるというものだ。佐藤部長は、「3社合同でのセミナーを開催している」という。全国の主要都市で実施しているセミナーは、いつも聴講者で混雑しているようだ。佐藤部長は、「ランサムウェア対策として、標的型攻撃を防ぐための『入口対策』を施す傾向が高まってきてはいるものの、感染していることに気づかないケースもある。もし、感染してしまった場合でも問題なく対処できるソリューションとして提案している」とアピールする。
 

 バックアップソフトをベースに、さまざまな製品を組み合わせれば、ネットジャパンの販社にとってもメリットが大きいといえそうだ。佐藤部長は、「製品やサービスを単体で提供するだけでなく、収益を高めるソリューションを提供していかなければならない」と強調する。ネットジャパンでは、製品自体の機能強化に加えて、複数のベンダーとの協業で他社との差異化を図っていく方針だ。