全製品の基盤となる統合プラットフォームをクラウドに

 SMB向け業務ソフト市場の王者であるオービックビジネスコンサルタント(和田成史社長)が、ビジネスのあり方を大きく変えようとしている。同社は近年、主力商材である基幹業務ソフト「奉行シリーズ」だけでなく、マイナンバーやストレスチェックへの対応など、法・制度の改正により発生する新しい業務を支援するSaaS商材のビジネス拡大にも積極的に取り組んできた。次のステップとして、将来的に同社の全製品の基盤となる統合プラットフォームをクラウド上に構築し、AI、ビッグデータ、IoT、FinTechといったキーワードも取り込みながら、基幹業務にとどまらない、ユーザー企業の業務全体を支援するソリューション群を整備していきたい考えだ。(本多和幸)