その他

沖電気工業、エッジAI処理用の低価格マシン発売

2019/10/17 09:00

週刊BCN 2019年10月14日vol.1796掲載

 沖電気工業は10月3日、製造現場や社会インフラ領域でのAI処理に特化したエッジコンピューターを発売した。価格は1台18万円で、機械学習の推論処理を行うハードウェアとしては既存製品の約半額。国内電機メーカー各社がデータセンターやクラウドを軸にしたAIソリューションに力を入れるのに対し、エッジにフォーカスする戦略を明確化した。すでに、同社とこれまで縁遠かったAI開発ベンダーがパートナーとして手を挙げているという。(日高 彰)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

OKI、AIエッジコンピューター「AE2100」、Azure連携も実現

NVIDIAと協業しAI+IoTを加速 エッジコンピューターの開発体制を強化――アドバンテック

シュナイダーがシンガポールでイベント、エッジコンピューティングへの本気度示す

AIを搭載した産業用ドローン、A.L.I. Technologiesが開発

外部リンク

沖電気工業=https://www.oki.com/jp/