その他

ワークスアプリケーションズ、立て直しに手応えあり、来年度以降の黒字化目指す

2019/11/07 09:00

週刊BCN 2019年11月04日vol.1799掲載

 ERP(基幹業務システム)パッケージベンダーのワークスアプリケーションズは、販売管理(SCM)と財務会計のパッケージを軸に経営の立て直しを急ぐ。稼ぎ頭だった人事給与(HR)パッケージ事業を今年8月に売却して得た資金を使い、SCMと会計分野における次期製品の開発を進めるとともに、建設業をはじめとする特定業種に向けた営業を重点的に進めることで収益力を取り戻す。9月30日付で代表取締役最高経営責任者(CEO)に就いた井上直樹氏は、本業の稼ぎを示す営業利益ベースで「来年度(2021年6月期)以降の黒字転換を目指す」と、今年度中に体制を整え、来年度から再び事業を軌道に乗せていく方針。(安藤章司)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

ワークスアプリケーションズ、創業者の牧野正幸氏が退任

主力のHRパッケージ事業を売却 会計や販売管理などで体制立て直し――ワークスアプリケーションズ

ギクシャクする国産ERPの雄 資金を調達し続けられるかがカギ――ワークスアプリケーションズ

熱帯びるHRテック市場 異業種の新規参入続々と ITベンダーも攻勢

透き通るカリブ海が「前へ進め」と背中を押す

外部リンク

ワークスアプリケーションズ=https://www.worksap.co.jp/