日本IBMは8月27日、IBM Cloudの大阪リージョンを今年の第3四半期(7-9月期)に開設すると発表した。すでに運用している東京リージョンと同じメインリージョンの位置づけで、ほかのメガクラウドベンダーと同様に国内複数リージョン体制でのサービス提供が可能になる。