レッドハットは12月9日、Kubernetesベースのコンテナプラットフォーム「Red Hat Open Shift」のパートナー支援策を、ISV(独立系パッケージソフトベンダー)に拡大することを発表した。コンテナ対応アプリケーションをOpenShift環境へ簡単に導入・運用できる技術の普及を図ることで、ユーザー企業には運用の自動化、ISVにはアプリケーション流通の機会拡大というメリットを提供するのがねらい。(日高 彰)