仮想データ統合ソフト「DYNATREK」を開発するダイナトレックは、地域住民の健康データを仮想的に統合・分析して、健康づくりや病気を予防する分野への参入を進めている。人口約2万人の石川県羽咋(はくい)市および金沢大学と協業し、地域住民のデータ研究基盤を構築。個人を特定できる情報を暗号化するなどして個人情報を保護するとともに、分散している医療や介護関連の情報を仮想的に統合することで、データ分析を横断的に行えるようにした。羽咋市での研究成果をもとにして、将来的に他の地域への横展開も視野に入れる。
(安藤章司)

 DYNATREKは、バラバラに散らばっているデータベースから仮想的にデータを統合して、検索や分析ができるツール。このツールを使えば、自治体や健康保険組合、病院、健診センター、介護施設などに分散して保管されている個人の健康データを仮想データベースに集約して、「個人を起点とした分析が可能になる」と、佐伯卓也取締役は話す。現状は、自治体や病院などの組織単位でデータを管理しているため、個人と紐づけた統合的なデータ分析が難しく、結果として地域全体での健康づくりや病気を予防する施策も打ち出しにくかった。
 
佐伯卓也 取締役

 今年9月に発表した羽咋市、金沢大学との研究プロジェクトでは、住民基本台帳や介護・医療保険、国民健康保険などを統合した仮想データベースを構築し、住民個々人の食生活や健康診断の受診状況と、生活習慣病の発症の相関性を調べる。健康データは個人の機微情報であるため、研究や実用化に当たっては、特定の個人につながる情報はすべて暗号化して保護しつつ、個人を起点とした健康状況の変化を捉えられるようにする。