クロノスは、10~50人の小規模企業向けの市場の開拓に注力し、ユーザー獲得に乗り出す。主戦場とする300~500人の企業向けの市場では、システムの導入が広く行き渡っており、「いつまでもブルーオーシャンというわけにはいかない」(大牧充社長)との考えがあるからだ。大牧社長は、本年度中に新製品を投入し、新たな成長の柱に育てる方針を示している。
濱田淨史会長(左)と大牧充社長

 同社は、就業管理・勤怠管理システム「クロノスPerformance」や申請・承認クラウドサービス「X'sion(クロッシオン)」などを提供している。2011年の創業時に約3400社だった顧客数は累計1万1500社を超えている。

 働き方改革やテレワークの需要を追い風に、クラウド事業を中心にビジネスは堅調に推移している。ただ、大牧社長は「顧客数は、この先増えていかないとみている。今後、1顧客当たりの単価を増やしていくためには、市場でどれだけのパイを押さえられるかがカギになっている」と話す。