PFUは、工場向けネットワーク見える化装置「iNetSec FC(アイネットセック・エフシー)」の出荷を2022年2月に始める。iNetSec FCは、工場内のネットワーク機器を探し出して一覧にし、負荷が大きい機器や異常を示している機器を検出する機能を盛り込んだ。高度なネットワーク化が進む近年の工場にあって、ネットワーク機器の不具合はそのまま操業停止につながりかねない。iNetSec FCはネットワークの状態を日頃から監視することで不具合を未然に防ぐ役割を果たす。

 iNetSec FCは、PFUの主力商材であるオフィス向けセキュリティ対策アプライアンス「iNetSec SF」をベースに、工場向けに新しく設計し直した。オフィス向けでは社内ネットワークに許可されていないUSB機器やスマートフォンの接続に加え、不審な振る舞いをするデバイスを独自に開発した「エッジ・アナライズテクノロジー」によって検知する。今回の工場向けiNetSec FCは、オフィス向けで培った技術を応用するかたちで開発。エッジ・アナライズテクノロジーのバーションを2.0に発展させ、特許も出願している。
 
工場向けネットワーク見える化装置「iNetSec FC」外観