その他

RealWear Japan スマートグラスの販売台数が1.5倍に 自治体案件でニーズ高まる

2022/03/10 16:00

週刊BCN 2022年03月14日vol.1914掲載

 RealWear Japanが提供する産業用ヘッドマウントデバイスの販売台数が好調に伸びている。2022年に入り自治体向けのニーズが拡大しており、年間では前年比約1.5倍となる3000台に達する見込みという。国土交通省は、22年度にもウェアラブルデバイスなどを活用して現場を確認する「遠隔臨場」を原則的に全ての直轄事業で利用可能とする方針を掲げており、今後も需要は堅調に推移しそうだ。
 
RealWear Navigator 500

 米リアルウェアは、Android OSとスマートグラスを組み合わせたハンズフリーのヘッドマウントデバイスを産業向けに特化して提供している。日本市場には18年に参入し、21年3月に日本法人を設立した。

 製品はテレビ会議ソフトウェアを使って現場の状況を確認・指示出しを行う遠隔作業支援が主な用途で、水道や電気、ガス、通信といったインフラをはじめ、運輸、建設、土木などの現場作業の職種で利用が広がっている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

米RealWear、日本法人の代表執行役社長に伊藤信氏が就任

外部リンク

RealWear Japan=https://www.realwear.jp/

おすすめ記事