新型コロナウイルスの流行による社会の変化で、さまざまな業界において従来は対面で行っていた取り引きが非対面で行うオンラインへと変化している。総務省の「我が国のインターネットトラヒックの集計・試算」をみても、コロナ禍によって急激にインターネットトラフィックが急増しており、オンライン化が進んでいることが分かる。この連載では、「オンライン化推進におけるSaaS活用のススメ」と題してSaaSのメリットを解説していく。
 
出典:総務省(R3.2.5)「我が国のインターネットトラヒックの集計・試算」

手続きのオンライン化を妨げるバックオフィスの複雑さ

 医療業界のオンライン診療、不動産業界における重説・契約書の電子書面交付解禁など、従来法律上で認められていなかった取り引きも変化が進み、現在も続いている。外出制限などの影響で従来通りの対面営業が難しくなり、急務として非対面チャネルの追加を迫られた企業担当者も多いのではないだろうか。当社でも非対面での本人確認などのSaaSを提供しているが、昨年は上記のような背景からか急いでオンライン化をしたいといった相談が非常に多かったと実感している。

 オンライン化というと、紙で提供するサービスの受け付けをインターネット上の入力フォームに変更するというのが代表的な例として考えられる。これは簡単に実現できそうにみえるが、実際に検討してみると受信したデータをどうやって処理していくかという部分で、受け入れ側のシステムの機能が不十分であることなどを理由に断念するケースも少なくないのだ。

 例えば、データの受け入れ後、従来は紙ベースの台帳を受け渡すことで管理をしていたものが、紙ではなくなったため工程管理ができなくなってしまい、受付システム上に工程を管理する機能を追加しなければならないというケースが考えられる。それならば、受け入れ後の工程を変えず、受信したデータから帳票を作り、従来どおり紙ベースの台帳で工程を管理するという方法もあるが、費用対効果は小さくオンライン化のメリットを享受できなくなってしまう。