キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は5月11日、法人向けエンドポイントセキュリティ「ESET PROTECTソリューション」から「ESET PROTECT MDR」を8月下旬に発売すると発表した。新機能のXDR(Extended Detection and Response)「ESET Inspect Cloud」やエンドポイント保護(EPP)、ESET Inspect Cloudの運用支援を行う「セキュリティサービス」などをパッケージ化して提供する。従業員数1000人以上の企業をメインターゲットに製品提供から運用までトータルで支援できる点を訴求していく。
(岩田晃久)
 
イーセット ユーライ・マルホ CTO

 記者会見ではスロバキアのイーセット(ESET)のユーライ・マルホ・CTOがXDRについて解説。異なるセキュリティ製品やセキュリティ階層で収集した、データを統合して分析し脅威の早期発見と対応を行うXDRは、強力なセキュリティ対策だと強調した。一方で、ツールの複雑さや、大量に上がるアラートへの対応疲れ、適切な技術や資格を持つ人材の不足、といった課題があると指摘した。

 同社が実施した調査では、「サポートやインシデント対応をベンダーが提供するのを望んでいる」企業が75%、「ベンダーが提供する監視・脅威ハンティングサービスにインシデントへの対応と修復が含まれることを期待している」企業は90%を占めたと紹介。マルホCTOは「ESET PROTECT MDRでは、専門知識を持つ当社のスタッフがXDRを監視するため、こういった課題やニーズに対応できる」と話した。

 ESET PROTECT MDRは、EPP、クラウドサンドボックス、フルディスク暗号化、ESET Inspect Cloudによるエンドポイントセキュリティ対策とキヤノンMJ、イーセットのセキュリティエンジニアがESET Inspect Cloudの運用支援を行うセキュリティサービスで構成する。
 
キヤノンMJ 輿水直貴 部長

 キヤノンMJのセキュリティソリューション企画本部セキュリティソリューション企画部の輿水直貴・部長は「予防・検知・対応からその運用まで単一ベンダーで提供するのが特徴だ。(単一ベンダーで提供することで)高い防御力の実現とインシデントへの迅速な対応が可能となるのに加えて、コスト削減にもつながる」と強調した。