その他

キヤノンマーケティングジャパン 大手企業をターゲットに「ESET PROTECT MDR」発売 トータルでエンドポイントセキュリティを支援

2022/05/19 16:00

週刊BCN 2022年05月23日vol.1923掲載

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は5月11日、法人向けエンドポイントセキュリティ「ESET PROTECTソリューション」から「ESET PROTECT MDR」を8月下旬に発売すると発表した。新機能のXDR(Extended Detection and Response)「ESET Inspect Cloud」やエンドポイント保護(EPP)、ESET Inspect Cloudの運用支援を行う「セキュリティサービス」などをパッケージ化して提供する。従業員数1000人以上の企業をメインターゲットに製品提供から運用までトータルで支援できる点を訴求していく。
(岩田晃久)
 
イーセット ユーライ・マルホ CTO

 記者会見ではスロバキアのイーセット(ESET)のユーライ・マルホ・CTOがXDRについて解説。異なるセキュリティ製品やセキュリティ階層で収集した、データを統合して分析し脅威の早期発見と対応を行うXDRは、強力なセキュリティ対策だと強調した。一方で、ツールの複雑さや、大量に上がるアラートへの対応疲れ、適切な技術や資格を持つ人材の不足、といった課題があると指摘した。

 同社が実施した調査では、「サポートやインシデント対応をベンダーが提供するのを望んでいる」企業が75%、「ベンダーが提供する監視・脅威ハンティングサービスにインシデントへの対応と修復が含まれることを期待している」企業は90%を占めたと紹介。マルホCTOは「ESET PROTECT MDRでは、専門知識を持つ当社のスタッフがXDRを監視するため、こういった課題やニーズに対応できる」と話した。

 ESET PROTECT MDRは、EPP、クラウドサンドボックス、フルディスク暗号化、ESET Inspect Cloudによるエンドポイントセキュリティ対策とキヤノンMJ、イーセットのセキュリティエンジニアがESET Inspect Cloudの運用支援を行うセキュリティサービスで構成する。
 
キヤノンMJ 輿水直貴 部長

 キヤノンMJのセキュリティソリューション企画本部セキュリティソリューション企画部の輿水直貴・部長は「予防・検知・対応からその運用まで単一ベンダーで提供するのが特徴だ。(単一ベンダーで提供することで)高い防御力の実現とインシデントへの迅速な対応が可能となるのに加えて、コスト削減にもつながる」と強調した。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

キヤノンマーケティングジャパン 問い合わせや差し戻しを95%削減 操作ガイドソフト「テックタッチ」に注力

キヤノンマーケティングジャパン 4カ年中計で2000億円を投資 DC3号棟の新設やM&Aなどで成長に弾み

【2022年 新春インタビュー】 キヤノンマーケティングジャパン ITSでエリアビジネスにテコ入れ

外部リンク

キヤノンマーケティングジャパン=https://canon.jp/