富士フイルムビジネスイノベーション(富士フイルムBI)は、企業コンテンツ管理(ECM)主要3製品で、改正電子帳簿保存法で必要とされる「電子取引」「スキャナ保存」「書類保存」の3認証のすべてを5月末までに取得した。
 

 ソフト製品が改正電帳法に準拠しているかどうかを日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)が認証するもので、富士フイルムBIでは大企業向けのオンプレミス製品「ArcSuite」、中堅・準大手企業向けの同「DocuShare」、中小企業向けオンラインストレージ「Working Folder」の主要3製品で認証を取得。Working Folderは文書管理ソフトDocuWorksと組み合わせることで、より使い勝手のよいECMとして機能する。