富士フイルムビジネスイノベーション(富士フイルムBI)は、環境省の協力のもと防災備蓄食品約5t(3万1000食分)を全国フードバンク推進協議会の加盟フードバンク団体に寄贈した。

寄贈式の様子

 同社は、2月12日に日産スタジアムで開催されたサッカーイベント「FUJIFILM SUPER CUP 2022」に日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と協働でフードドライブを実施した。フードドライブは、家庭などで余っている食品を集め、それらをまとめて地域の福祉施設や団体などに寄贈する活動。コロナ禍の長期化で経済状況が悪化した家庭に対する食品提供を通じた支援や、まだ十分に食べられるにもかかわらず廃棄される食品ロスの削減に向けた取り組みとして企画し、大会当日には試合会場で観戦するサポーター・ファンから295kgの食品を集めることができた。集まった全ての食品は、開催地となった横浜市や出場した2チームに関わりのある計六つのフードバンク団体へ寄贈した。

 防災備蓄食品の寄贈は、Jリーグと協働で実施したフードドライブの一環として、同社・Jリーグ・環境省・全国フードバンク推進協議会などのNPOの4者が協力して実施した初めての取り組み。適宜入れ替えが必要となる企業の防災備蓄食品を有効利用することで、食品ロスの削減にも寄与する。

 今回の活動では、全国4カ所の倉庫に保管されていた同社の防災備蓄食品約5t(3万1000食分)を、東京、愛知、岡山、宮城、岩手ほか、全国八つのフードバンク団体に寄贈することを決定し、同社から全国フードバンク推進協議会への寄贈式を行った。全国に多くの加盟団体をもつ全国フードバンク推進協議会に、全国のフードバンク団体の要望を調整してもらうことで、大量の防災備蓄食品を効果的に寄贈することができた。これらの食品は今後、各地で必要とする人々に提供される予定。