その他

【中小企業・小規模事業者のDXを阻む課題と解決策とは・4】後がないITベンダーと日本

2022/06/27 11:00

 労働力人口(15歳以上で、就業者と完全失業者を合わせた「労働する能力と意思をもつ者の合計数」)が減少し、働く人の年齢構成が変わってきている。総務省が2022年2月に発表した「労働力調査(基本集計)2021年(令和3年)平均結果の要約」によると21年平均の就業者数は6667万人と,前年に比べ9万人減少と2年連続の減少している。
 
労働力調査(基本集計)2021年(令和3年)平均結果の要約
(出典:総務省)

デジタル化の推進を急がなければならない日本

 その内訳は男性が3687万人と22万人の減少、女性は2980万人と12万人の増加。15~64歳の就業者数は5755万人と16万人減少しているにも関わらず、65歳以上の就業者数は912万人と6万人の増加になっている。これは働く若い人が減っており、女性が職場復帰し、年配者が頑張って働き続けていることを表しており、この先も少ない人数で高齢者を支えていくことには変わらないであろう。

 課題を解決するには、海外から日本に働く人を呼び込むか、少ない人数で対応できるように効率を上げるかの二択しかない。つまり、1人が今までよりも2人分・3人分の成果が出せるように、デジタル化の推進を急がなければならない状況である。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

【中小企業・小規模事業者のDXを阻む課題と解決策とは・2】事業再構築が必要なのは?

【中小企業・小規模事業者のDXを阻む課題と解決策とは・1】コロナ禍で見えてくる企業体質

【不動産業界で見たIT化の成功と失敗・3】実現するために重要なのは?

外部リンク

ベストプランナー=https://bestplanner.co.jp/

ITコーディネータ協会=https://www.itc.or.jp/

おすすめ記事