その他

【身近に感じて仕事に生かせるデジタル活用術・3】ピンチをチャンスに変えたみらい蔵のDXから学ぶ

2022/07/06 10:00

 農林水産省の統計データによれば、日本の農業生産額は1984年の11.7兆円をピークに19年時点で8.9兆円となっている。また、農業就業人口も10年の260万人が19年に140万人と減り続けている。世界の人口増加に伴い食料危機が叫ばれ、自給率を上げるのが必要だという議論を常に続けている。

 一方、大規模経営の農業生産法人数は増え続け3万社超。国の目標では5万社とする計画が進んでいる。農業経営を大規模化して食料の生産性を高めていくというのが潮流というわけである。

 これらの農業者を顧客として、いちはやくデータを生かす経営を推進している大分県豊後大野市で、農業資材(肥料、農薬、農業機械など)、米穀集荷、土壌分析などを展開するみらい蔵の取り組みを紹介する。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

【身近に感じて仕事に生かせるデジタル活用術・2】7部門10人のヒアリングによって見えたボトルネックとDX戦略

【身近に感じて仕事に生かせるデジタル活用術・1】熊本の輸送会社によるDXの取り組みから考える

【駆け出し担当者へ!「ナナメ上」のDX化情報・3】DX推進の陰で起きていることに目を向ける

外部リンク

アイティ経営研究所=https://www.itbizlab.jp/

ITコーディネータ協会=https://www.itc.or.jp/

おすすめ記事