昨今、「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」がトレンドとなっている。IT業界の関係者ならば理解しているのかもしれないが、多くはどのようなことに取り組めばいいのかが分からないという。カタカナ語であることから、苦手意識を持つ人や企業もいることだろう。筆者はITコーディネータという仕事柄、難解なカタカナ言葉に直面することも多いが、こてこての「文系」であるため、デジタルを仕事に生かすために日々格闘している。腹落ちしなければ、到底仕事には使えない。ではどうするのか。そこで、この連載ではデジタルを身近に感じて仕事に生かせる活用術を紹介したい。
 

 今回は熊本の輸送会社であるヒサノの導入事例を通じて解説する。同社は、アナログな業務をデジタル化する必要性に気づき、DX戦略を立案し、配車システムの開発、倉庫システムの導入などによりデジタルを日々の仕事に生かしている。

 しかし、いきなり実現したわけでなく、3年かけて業務プロセスの可視化や経営革新計画、基幹システムの開発、運用などで試行錯誤して少しずつ「デジタルを身近に使いこなせる」ように変化してきた。経営者の夫妻は、「この変化そのものが自社にとってのDXだ」と言っている。

 故クレイトン・クリステンセン米ハーバード大学教授は、「『戦略そのもの」よりも『戦略が策定・実行されるプロセス』を上手にマネジメントする方が効果はずっと高い」と述べている。多くの事例紹介で、成功の秘訣や戦略のモデルが語られることが多いが、実は成功に至るまでの「プロセス」が大事ということだ。変革を進める過程は平たんではない。
 
ヒサノのスタッフ

 筆者は、同社に出会って3年が経つ。今では国のDX認定を取得し、ITコーディネータ協会表彰で最優秀賞の経済産業省商務情報政策局長賞に輝いている。しかし、同社も山あり谷ありのエピソードが存在する。あるときは課題にぶつかり、社内で巻き起こる議論にくじけそうになりながらも、経営者の強いリーダーシップで乗り切った。