大きな需要が眠るといわれる中堅・中小企業(SMB)市場。大企業に比べてITへの投資額は少ないが、企業数が膨大で、しかもIT化が遅れている。それゆえに、売り手が提案できる案件が多く、範囲も広いとみられる。このSMBマーケットに向けて、メーカー系列SIerの雄が強化施策を打ち出した。その企業とは、NECネクサソリューションズと富士通マーケティング(旧・富士通ビジネスシステム)。ほぼ同時期に同じ戦略を打ち出した両社は、いま──。