日本オラクルの「Exaシリーズ」や、日本IBMの「PureSystems」に代表される垂直統合型アーキテクチャは、情報システムを複数メーカーの製品で構成する“水平分業型”が引き起こす複雑化に歯止めをかける“スマート化”への原点回帰である。この潮流のなか、システムインテグレータ(SIer)にはどのような商機があるのかを探った。(取材・文/ゼンフ ミシャ)