クラウドサービスの台頭は、企業内ITシステムを縮小に向かわせた。これによって、好ましくない影響を受けるのは運用保守ビジネスだ。運用ビジネスに関しては、システムの運用業務を外部に委託するユーザー企業が増える可能性が高く、オンサイト運用などビジネスが拡大する要素があるものの、保守ビジネスについてはハードウェアの単価下落につれてサービス料金も低下する傾向にある。このような状況にあって、保守・サポートを主力ビジネスに据えるITサービス会社は、海外市場の攻略のほか、新しいビジネスに着手している。(取材・文/佐相彰彦)