「Gmail」「YouTube」などのサービスを展開するグーグル。それらが安定稼働するために自社で整えたプラットフォームを外部企業に向けて開放した「Google Cloud Platform」は、ビッグデータ解析やマシーンラーニングを強みとし、ユーザーからは高い評価を得ている。さらに今月、東京リージョンをついに開設、一層のビジネス拡大を目論む。グローバルで有力なパブリッククラウドサービスベンダーと評される同社の法人向けクラウドビジネスはこの先、国内IaaS/PaaS市場へも大きな影響を与えそうだ。(取材・文/前田幸慧)