ストレージを仮想化する手段として、主流になりつつあるソフトウェア・デファインド・ストレージ(SDS)。今話題のハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)の中核を担う技術でもあり、HCIの普及とともにSDSが広がっている。調査会社によっては、今後、年30%増の勢いで成長するとの予想もある。SDSで何が変わるのか、ストレージの最前線を追った。(取材・文/山下彰子)