AIが進歩し、企業は大量のデータを収集、分析し、新たなビジネスの創出に活用するようになった。一方で、企業は膨大なデータをどこに、どのように収納するのか、どのように管理するのか、課題を抱えている。ストレージベンダーが提案する、新たなデータ管理とストレージのあり方とは。(取材・文/山下彰子)