落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>

Special Feature

至高のデザイン思考 デジタルトランスフォーメーション時代に企業が取り組むべきアプローチ

2018/10/10 09:00

週刊BCN 2018年10月01日vol.1745掲載

 IoTやAI(人工知能)などのテクノロジーの普及は、企業が新たなビジネスの展開や既存ビジネスの変革を検討する大きなきっかけとなっている。いわゆるデジタルトランスフォーメーション(DX)である。とはいえ、最新テクノロジーを活用するだけではDXの実現が見えてこない。これまでと違ったアプローチも必要だ。そうした中で注目されているのが、人に注目してニーズを発見する「デザイン思考」である。ユーザーとの距離という意味では、アジャイル開発やDevOpsに通じるものがあるため、システム開発への応用も期待される。では、デザイン思考に取り組むに当たり、どのようにアプローチするのが効果的なのか。SAP、富士通、IBMの取り組みから、デザイン思考を実践する方法を紐解いていく。(取材・文/谷川耕一)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!