ソフト開発の工数を大幅に削減するローコード開発の手法が改めて注目を集めている。DX(デジタルトランスフォーメーション)関連のアジャイル的な開発と相性がよいことに加え、低コスト・短納期を武器に“不況に強い”ツールとしても有望だ。コロナ・ショックによる景気後退の懸念が強まるなか、ユーザー企業は外注費を削減し、内製化による開発ニーズが高まることが予想される。ローコード開発の手法を積極的に駆使するSIerの取り組みをレポートする。
(取材・文/安藤章司)