ソフトウェアビジネスやWebサービスの世界で、新規プロダクトの開発ではアジャイル開発が広く用いられるようになってきた。一方、デジタルトランスフォーメーションの流れの中で、大規模な基幹システムの開発やモダナイズにもアジャイルの手法を適用する動きが始まっている。全社規模のアジャイル開発体制構築に取り組む企業の動向、それを支えるベンダー、SI企業の動きを探り、アフターコロナ時代に向け企業が取り組むべき開発体制の新たな姿を明らかにする。
(取材・文/谷川耕一 編集/日高 彰)