新型コロナウイルスの感染拡大が企業に突きつけた「リモート前提」のビジネス環境は、企業ITの形を根本的に変えようとしている。特に情報セキュリティの観点では、アクセスの急増によりVPNの容量が不足する問題がさまざまな企業で浮上。また、社内外ネットワークの境界を守る従来型のセキュリティでは、企業の外で働く従業員を脅威から守ることができず、セキュリティ対策としての限界が顕在化している。そうした中で大きな注目を集めているのが「ゼロトラスト」の考え方だ。ゼロトラストとは何を指し、企業はどう取り組むべきなのか、改めて考えてみよう。
(取材・文/指田昌夫 編集/前田幸慧)