新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、2021年に入ったいまも続いている。そんな中でも企業活動は止めることができない。テレワークと最小限の出社で、この難局を乗り切るしかないだろう。ただ、テレワークと出社が混在するハイブリッドワーク環境では、従業員の勤怠管理や健康管理、感染症の陽性者が出たときの対応など、総務や人事といったバックオフィス部門の業務が煩雑になるという問題が明らかになっている。特に従業員規模の大きな企業ほど何らかのシステムが必要となるが、そうしたバックオフィス業務を効率化する新たなソリューションが登場している。
(取材・文/指田昌夫 編集/前田幸慧)