新春インタビューでは、SIerやCIer、ディストリビューター、クラウドベンダー、PCメーカー、プリンタメーカー、基幹業務ソフトウェアベンダー、SaaSベンダーの計26社に登場していただきました。従来の「年頭所感」よりも社数は減りましたが、1社当たりの紙幅を多く割き、各社のビジネスの状況や今後の戦略などをより詳しくお伝えできたと思っています。

 2021年は、これまでと同様に幅広い業種の企業が新型コロナウイルスの感染拡大への対応に追われました。業績が落ち込んだ企業がある一方、回復した企業もあり、経済は「K字型」になっているといわれています。

 各社の声を聞くと、コロナ禍の影響で、ユーザーのIT投資には若干の陰りがあったものの、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた流れは継続したとの見方が目立っています。IT業界への期待感は依然として高い状況で、21年の各社のビジネスはおおむね堅調に推移したようです。

 社会全体でデジタル化が大きな課題となる中、とくにクラウドサービスに対する需要が引き続き旺盛で、各社の成長エンジンになっている状況です。ユーザー意識の変化とともに、ITベンダーの間でも、今までのビジネスの形態を変えていく動きが加速した年だったといえるでしょう。