Special Feature

上期注目のニュースをピックアップ “追い風”吹くIT業界、変化の動きはなお続く

2022/06/28 09:00

週刊BCN 2022年06月27日vol.1928掲載


 IT業界にとってはデジタルトランスフォーメーション(DX)絡みの需要は“追い風”になっており、2022年上期は多くの話題が業界をにぎわせた。好調な大手SIerの業績や事業再編、大型買収など、週刊BCN編集部が注目するニュースをピックアップ。なお続く変化の動きを紹介する。
(構成/齋藤秀平、岩田晃久)

Pickup_1
2021年度決算 IT投資意欲は高水準で推移

 SIer主要3社の21年度(22年3月期)の連結決算が出そろい、軒並み好業績となった。顧客のIT投資意欲が高水準で推移していることに加え、新規のM&A効果などが後押しした。
 
大手SIerの決算を伝えた5月23日・1923号の紙面

 NTTデータの22年3月期の連結売上高は前期比10.1%増の2兆5519億円、営業利益は同52.8%増の2126億円と過去最高の業績を更新し売上高は33期連続の増収を達成。国内IT投資が底堅く推移していることに加え、海外事業におけるM&Aや円安による為替のプラス要素、さらに一連の構造改革が好業績につながった。

 野村総合研究所(NRI)の22年3月期連結売上高は前期比11.1%増の6116億円、営業利益は同31.5%増の1062億円、営業利益率は同2.7ポイント増の17.4%と過去最高の業績を更新。営業利益は23年3月期までの4カ年中期経営計画の目標としていた1000億円を1年前倒しで達成した。

 TISの22年3月期の連結売上高は前期比7.6%増の4825億円で12期連続増収、営業利益は同19.7%増の547億円で11期連続増益を達成した。既存事業が力強く伸びたことに加えて、M&A効果も約100億円あった。営業利益率も11.3%と20年度比で1.1ポイント増えている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

おすすめ記事