SpecialIssue

<セキュリティソリューション特集>インパーバジャパン量販体制に新たなパートナー

2011/06/02 19:55

週刊BCN 2011年05月30日vol.1384掲載

 東日本大震災では、寄付金を募る偽サイトが現れたり、計画停電でサーバーを停止させなければならない状況に見舞われたりなど、ITにもさまざまな影響が及んだ。こうしたセキュリティのリスクに対応する製品や、節電対策に役立つソリューションがある。例えば、フィッシングサイトへの有効な対策として、ウェブフィルタリングソフトが挙げられる。震災とは直接には結びつかないものの、まだまだ続くウェブのぜい弱性を突いた攻撃にはウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)が有効だ。また節電対策なら資産管理製品がある。企業内のIT資産を可視化するソリューションを上手に利用すれば、セキュリティも節電対策も万全だ。

震災で判明したさまざまなリスク
セキュリティ製品で上手に対処

 東日本大震災で、日本中がかつてないほど騒然としたこの2か月。この間、誤った情報を流すチェーンメールや、被災者への寄付を募る偽サイトが登場して世間を惑わせた。お金や個人情報を盗まれるリスクの高いフィッシングサイトには、常日頃から用心しておく必要がある。

 こうした有害サイトへのアクセスを防ぐ役割を果たすのが、アルプスシステムインテグレーションのウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」だ。これを利用すれば、クライアントPCのインターネットアクセスを制御することができる。

 また、ウェブのぜい弱性をついたSQLインジェクション、クロスサイトスクリプティングなど、まだまだ脅威の出現は続く。ウェブアプリケーションへの攻撃を防御する有効な手立てとなるのが、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)だ。インパーバジャパンの「SecureSphere WAF」は、国内で金額シェアNo.1を誇る製品だ。

 東日本大震災後のキーワードとなっているのが「電気」である。クオリティソフトでは、企業の節電対策に役に立つクライアントPCの節電対策として有効な「グリーンITプラグイン(QPM)」を提供している。電力削減効果を可視化できるという。エムオーテックス(MOTEX)のクラウド型ネットワークセキュリティサービス「クラウドCat」を導入することによって、ムダを可視化できた事例も報告されている。

インパーバジャパン/マクニカソリューションズ
WAF・DBセキュリティ・ファイルセキュリティをトータルに提案

 インパーバジャパン(インパーバ)は、昨年ファイルセキュリティを日本市場に投入し、従来のウェブアプリケーション、データベースに加え、ファイルサーバー上のデータまで含めた包括的なデータセキュリティを提供する。また、マクニカネットワークスの100%子会社として設立されたマクニカソリューションズとの協業を発表、「SecureSphere」の精力的な拡販に乗り出す。

セキュリティ分野を得意とするマクニカソリューションズと協業

インパーバジャパン
ジェネラルマネージャー
長坂美宏 氏
マクニカソリューションズ
営業部 2課
有川博史 氏
 インパーバは、データセキュリティソリューション「SecureSphere」シリーズを手がける米国のセキュリティメーカーで、2002年に創業した。その日本法人であるインパーバジャパンは2007年に設立後、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)で実績を伸ばし、200社弱の納入実績で国内トップシェア(金額ベース)を誇る。主力である「ウェブアプリケーションセキュリティ」、データベース(DB)への攻撃や不正アクセス監査を提供する「DBセキュリティ」を事業の柱としている。昨年、ファイルサーバーやNASに保存された非構造化データを管理、保護する「ファイルセキュリティ」を新たに追加。三つの観点からトータルソリューションを展開している。

 一方、マクニカソリューションズはマクニカネットワークスの100%子会社として2011年4月1日に設立された。マクニカネットワークスはSIerやクラウド事業者を通して、ネットワークの設計、構築、運用と特にセキュリティ分野において実績が評価されている。マクニカソリューションズはインパーバのトータルソリューションはもちろん、大規模ネットワーク向けの仮想ネットワークセキュリティプラットフォーム「Crossbeam Xシリーズ」も取り扱う。これにより、マクニカネットワークスの強みを継承しつつ、ファイアウォールやIDS/IPSなどを含めた「ベスト・オブ・ブリード」のトータルネットワークセキュリティをワンストップで販売し、技術支援にも力を入れるなど、独自の販売形態を強化する。

WAF、DBセキュリティを単一プラットフォームで提供可能

 マクニカソリューションズ 営業部 2課の有川博史氏はSecureSphereについて「ウェブアプリケーションのセキュリティを検討するユーザーの多くはDBのセキュリティにも課題を抱えています。インパーバのSecureSphereではウェブアプリケーションとDBのセキュリティを単一プラットフォームにて提供できる点が他には無い優位点です」と話す。ログインユーザーの特定が重要となるDB監査の観点からも、ウェブアクセスとDBアクセスを関連付けし、ログインユーザーの特定まで可能なSecureSphereは選択されてきた。また、自己学習による自動ポリシー設定機能によりユーザーは手作業でのルール作成・チューニング作業にかける手間を最小限に抑えることができる。

 インパーバではハードウェアアプライアンスや仮想環境で動作するバーチャルアプライアンスに加え、大規模ネットワーク向けの仮想ネットワークセキュリティプラットフォームである「Crossbeam Xシリーズ」にも対応している。エンドユーザーは要件にあわせて、柔軟にプラットフォームを選ぶことができる。主力のSecureSphere WAFはインラインでの設置が可能で、ネットワークの設定変更を必要としない。導入、運用の手軽さから市場の評価は高い。

 インパーバジャパンの長坂ジェネラルマネージャーは「新たな商材であるファイルセキュリティソリューションでCADデータを保有している企業や、医療機関など、幅広い業種にアプローチしていきたい」と意気込みを語る。また、国内で普及が進むクラウド環境でも、セキュリティを担保するためのソリューションは必要不可欠であることから、クラウド事業者への製品提案を強化することで、大きなビジネスチャンスにつながるとみている。

今後の予定

Interop Tokyo 2011展示会出展 (マクニカソリューションズ)
日時:展示会 2011年6月8日(水)~10日(金)
場所:幕張メッセ(小間番号:5N25)
URL:http://www.macnica.net/event/interop2011.html/

インパーバCEO来日講演
日時:2011年7月6日(水)14:00~17:00
場所:ロイヤルパークホテル4F 「瑠璃」
URL:https://webseminar.smartseminar.jp/public/seminar/view/9

Macnica Solutions DAY 2011(同時開催Macnica Networks DAY 2011)
日時:2011年7月13日(水)11:30~17:30
場所:東京コンファレンスセンター・品川
URL:http://www.macnica.net/mnd/mnd2011/

関連記事

<Industry Chart 業界の今を俯瞰する>WAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール) 参入相次ぎ市場が広がる DCからサービスとして提供も

Imperva Japan、パートナービジネスを加速、WAFとDBセキュリティ、ファイルセキュリティを本格展開

Imperva Japan、「SecureSphere」の3製品でウェブ、データベース、ファイルの統合監視を実現

インパーバ ジャパン、富士キメラ総研発表のWAF製品市場で金額ベースシェア1位に

外部リンク

インパーバジャパン=http://www.imperva.jp/

マクニカソリューションズ=http://www.msc.macnica.net/

おすすめ記事