ピーエムシー・シエラ・ジャパン(PMCシエラ)が、画期的な製品を国内市場に投入した。米PMCシエラが米ヒューレット・パッカードのsmartアレイ事業を買収して「スマートソリューション」を提唱。第一弾として、12Gb/秒のSAS/SATAホストバスアダプタ「PMC Adaptec HBA 1000シリーズ」を発売した。他社製品より最大60%低い消費電力を実現し、しかも使いやすさを追求。既存のAdaptec製品との互換性も果たしている。これにより、SIerがストレージ関連ソリューションを提供しやすい環境を整えた。米PMCシエラでチャネル向け製品とマーケティングを担当するトロイ・ウィンズロウ・ディレクターに、製品の強みと今後の戦略を聞いた。

新しいパフォーマンスを実現

トロイ・ウィンズロウ
ディレクター
 米PMCシエラは、2008年に初のコントローラベース暗号化ソリューション、09年に初の6Gb/秒 RoC & SAS/SATAプロトコルコントローラ、12年に初のPCIe Gen3 RAIDコントローラ、13年には初のシングルチップ24ポートSAS HBAと初の24ポートロープロファイルSAS/SATA RAIDアダプタ、14年に初の16ポートSAS/SATA I/Oコントローラなど、これまで業界初の製品を次々と市場に投入し、ストレージ業界でRAIDコントローラやホストバスアダプタのリーダーとしての地位を確保している。業界で画期的な製品を発売するなかで、米ヒューレット・パッカードのsmartアレイ事業を買収、スマートIPファームウェアを獲得。そのスマートIPを搭載したのが、今回のHBA 1000シリーズだ。

 HBA 1000シリーズは、業界で最も幅広く採用されているストレージスタックからのスマートIPを使用しながら、既存インフラを継続してサポート。他社のHBAと比べて最大で60%も消費電力を低減するなど、業界で最も低い消費電力を実現している。ロープロファイル形状とmini-SAS HDコネクタにより、エアフローを妨げることなく、1Uや2Uサーバーにインストールすることができ、最小の実装面積で最大のネイティブ接続が可能。SSDの使用時には、PCIe Gen3バスを飽和させて、1秒あたり130万I/O(IOPS)を提供。高密度サーバー環境での放熱問題を低減できる。

スマートソリューションの第一弾
「HBA 1000シリーズ」

 また、最大16台のストレージデバイスを接続することができ、エクスパンダの使用によって、さらなる拡張が可能。幅広いOSと主要なSDS(ソフトウェアディファインドストレージ)スタックをサポートし、エコシステム互換性や他のPMC Adaptecソリューションとの上位互換性と下位互換性のある統一されたツールとドライバセットをもっている。6Gb/秒と12Gb/秒の両方のストレージコンポーネントをサポートしていることも特徴だ。米PMCシエラのウィンズロウ・ディレクターは、「弾力性と効率性、使いやすさを兼ね揃えているのが、HBA 1000シリーズだ」と強調する。


SATA SSDの接続によりすぐれたTCO

 最大の強みは、SATA SSDを接続した場合にTCOにすぐれている点だ。HBA 1000シリーズを介さず8台のSATA SSDをサーバーのチップセットに直接接続している構成と比較して、2.5倍以上のシーケンシャルスループットと85%高速なランダムリード性能を提供する。ウィンズロウ・ディレクターは、「たとえばクラウドサービスを提供するデータセンターの多くは、SATA SSDを使用しているケースが多い。低消費電力とより高速な処理が可能になることを踏まえれば、SATA SSD接続時のコストパフォーマンスは抜群」とアピールしている。ユーザー企業が一般オフィスで導入しているのも、低価格のSATA SSDが多い。SIerにとっては、SATA SSDを使っているユーザー企業に対してパフォーマンスの高いHBA 1000シリーズを組み合わせたストレージソリューションを提供することが可能というわけだ。

 ウィンズロウ・ディレクターは、「今回のHBA 1000シリーズによって、販売パートナーが売りやすい環境を整えた。ビジネス拡大につながる製品であることは間違いない」としている。またPMCシエラでは、まずHBA 1000シリーズを普及させて「スマートソリューションのよさを訴えていく」(ウィンズロウ・ディレクター)との方針を示している。スマートソリューションの普及によって、次に目指すのはRAIDコントローラも含めた製品の拡販だ。今後、HBA 1000シリーズの機能とエントリーモデルのRAID機能を搭載した製品、HBA 1000シリーズの機能とフルファンクションのRAID機能を搭載した製品を、それぞれ「スマートHBA」「スマートRAID」と称して市場に投入する計画を立てている。「16年中には発売する」とウィンズロウ・ディレクター。今年は、PMCシエラによる弾力性と効率性、使いやすさを追求した製品の市場投入が続きそうだ。これによって、業界リーダーのポジションをさらに強固にしていく。