インバウンド対応や医療系の需要に手応え

──今引き合いが強い、あるいは2016年に注力していきたい業種としては、どのようなところを考えておられますか。特定業種・業務向けの強化というお話も何度か出ていますが。

北村 業種・業務向けには小型のインクジェットを中心に展開しています。例えば、病院・クリニックでは、患者さんに渡す帳票をモノクロで印刷していたところから、カラーにしたいという需要が増えています。また、店舗系でも、主に業務管理用としてバックヤードでモノクロ機をお使いのお客様が、POPやプライスカードもカラー出力したいというニーズが増えています。このような場所では従来、モノクロはレーザー、たまに使うカラーはコンシューマ向けインクジェット機というふうに2台使いをされていたのですが、それらを1台に統合できるという点でビジネスインクジェットにメリットを感じていただいています。

大澤 建築や不動産などの小さめの法人で、A3インクジェットの導入が増えました。また、これまでなかなか入らなかった店舗にインクジェット機が入る例も増えていますが、これはタブレットPOSアプリなどとの組み合わせで使われています。クリニック向けの電子カルテとの連携や店舗向けのタブレットPOSとの連携など、「システムにつながるコンパクトなプリンタ」を訴求しています。

石田 海外からの観光客、いわゆるインバウンド需要が増えていますが、旅行者向けの免税販売を行う際、各店舗ではかなり煩雑な手続きが必要です。そこで、免税書類を簡単に作成・印刷できるアプリケーション「RICOH カンタン免税アプリ」を開発しまして、免税店向けに提案しています。

沢田 医療系のお客様をもつ、それぞれのSIパートナー様と、A4モノクロのハイエンド機と電子カルテシステムを連携させる形で提案を行っています。引き続き、この市場へのアプローチを強化していきます。また、グループ会社のキヤノンプロダクションプリンティングシステムズのもつPOP作成システム「ポップエース」は、流通・小売業界で認知度が高い製品です。このアプリケーションと連動し、POP印刷業務への重点的な提案を進めていきます。

大澤 ソリューションについていえば、クラウド連携が一つのキーになります。例えば、受信したファクスがどこでもみられる「ファクスクラウド転送」が好評です。また、先ほど免税システムの話題が出ましたが、当社のパートナー様がPOSアプリとモバイルプリンタを組み合わせて、免税用の購入記録書を印刷するシステムを提案しています。少しずつですが、このような形でソリューションを増やしています。

石田 特定業種向け製品は当社が得意とする分野ですが、そこにプリンタ単体ではなく、お客様の業務に貢献できるアプリケーションと組み合わせてパートナー各社に販売していただく。業務ルールに応じて出力先などを振り分ける「Rule Based Print」などを提案していますが、その成果が出てきたのが2015年でした。

沢田 業種・業務攻略は一朝一夕にはいかず、日々のコツコツした積み重ねが重要だと思っています。われわれはメーカー系販社ですのでハードを売るという大きな使命がありますが、アプリケーションと連動したソリューション提案の拡大が大きなテーマです。

ソリューション提案ができるパートナーを求める

──プリンタとあわせて提案に力を入れている製品やサービス、あるいは、注目しているサードパーティ製品などはありますか。

北村 規模の大きなお客様になればなるほど、カード認証ソリューションへのニーズが高まります。これは自社のソリューションとしてしっかり用意していくという方向と、ソリューションパートナー様とアライアンスを組んで提供していく方向、その両方が必要と考えています。

沢田 今風にいえばIoTなのですが、機器の状態を遠隔で監視する「ネットアイ」というサービスに注力していきます。複合機での利用率は非常に高いのですが、プリンタでは認知があまり進んでいません。消耗品の自動配送が可能になるほか、故障時も、機器に何が起こっているかをリモートで確認できます。一度お客様のオフィスを訪れて、どのパーツを交換するのかを調べて、またパーツをもって出直すといった無駄がなくなりますので、お客様のダウンタイムを最小限に抑えることができると同時に、われわれとしても無駄なコストを抑えることができますので積極的に訴求していきたいと思います。

大澤 プリンタがモバイル機器に対応することで印刷機会が広がると考え、Bluetoothなど通信機能の搭載をより多くの機種で進めています。店舗向けのタブレットPOSに限らず、医療などでもモバイル機器のニーズは高まっており、“軽薄短小”な業務システムは今後必ず増えてくるので、われわれとしてはその需要に応えるのが戦略の一つになります。

SMB向けに『システムにつながるコンパクトなプリンタ』を訴求する


ブラザー販売
大澤敏明
マーケティング推進部長

国内市場でのビジネスインクジェットプリンタ、ページプリンタ、スキャナ、ウェブ会議システムなどのマーケティングを担当。




ビジネスインクジェットプリンタ
MFC-J6973CDW
印刷スピード
A4カラー約20枚/分
A4モノクロ約22枚/分
コピー、プリント、スキャン、ファクス。A3サイズにフル対応。A3両面同時スキャン機能搭載。
価格:オープン価格


[次のページ]

前へ

次へ