キヤノンITソリューションズは、セキュリティ製品の開発に加えて、国内や海外ベンダーの販売代理店として、長年に渡って蓄積した経験とノウハウをベースに、ネットワークからエンドポイントまでを包括したセキュリティソリューションを提供している。


 なかでも相次ぐ情報漏えいや標的型攻撃、ランサムウェアなどの対策に有効なソリューションが注目されている。今年3月に総合情報漏えい対策ソリューションの統一ブランドとして一新した自社開発の製品「GUARDIANWALL(ガーディアンウォール)シリーズ」をはじめ、今年2月に国内独占販売権を取得したスパムメール・メール無害化ソリューション「SPAMSNIPER AG(スパムスナイパーエージー)」、UTM・次世代ファイアウォール「Clavister(クラビスター)」などだ。

 また、不正接続検知・遮断ソリューションの「NetSkateKoban Nano」、ファイルサーバーやデータベース、クラウドなどの環境を暗号化できるソリューション「Vormetric」も提供している。BCN Conference 2017 夏の展示会場では、他社と一線を画した新鮮で興味深いセキュリティソリューションを披露する。