シーティーシー・エスピー(CTCSP)は、主にネットワーク/セキュリティ関連機器やストレージ関連機器などの調達機能を担う、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)グループの中核企業である。近年では、働き方改革で注目されるRPAや映像配信関連のソリューションを取り扱うなど、市場の変化への柔軟な対応を強みとしている。

ソリューション企画推進部
ソリューション推進課
川村孝允氏

 デジタルアーツとのパートナーシップの歴史は、ウェブセキュリティ製品「i-FILTER」のリリース当初からと長い。デジタルアーツの製品について、ソリューション企画推進部ソリューション推進課の川村孝允氏は、「国産ということもあって、日本の市場を熟知している。また、セキュリティ対策は多岐にわたるので、連携のしやすさが重要。その点、デジタルアーツの製品は、他製品とも連携しやすい」と評価する。

テクニカルソリューション本部
ソリューション技術部
ソリューション技術1課
課長
杉田雅伸氏

 近年、ビジネスの現場では、偽装メールによる標的型攻撃が猛威を振るっている。あやしいメールの対策には「m-FILTER」ということになるが、それだけではない。「m-FILTERは、メールの本文を解析し、危険なURLを認識すると、i-FILTERに自動登録するため、アクセスの制御まで自動化できる。これをキーポイントとした提案は、ユーザーに響きやすい」と、テクニカルソリューション本部ソリューション技術部ソリューション技術1課課長の杉田雅伸氏はi-FILTERとm-FILTERの連携に高いニーズがあることを実感している。

テクニカルソリューション本部
ソリューション技術部
ソリューション技術1課
松本淳真氏

 ソリューション技術1課の松本淳真氏は、「メールのアーカイブやフィルタリングは、できてあたりまえ。デジタルアーツの製品は、偽装メールへの対処やURLの制御方法において詳細な設定ができ、ユーザーのわがままに応えられる。しかも、設定方法がわかりやすい」と、デジタルアーツ製品が支持される理由を語る。また、ソリューション技術1課の栃木久実氏は、「アクセスログがグラフで表示できるため、怪しいURLへのアクセスが直感的に把握できる」と、運用管理面のメリットを挙げる。

テクニカルソリューション本部
ソリューション技術部
ソリューション技術1課
栃木久実氏

 デジタルアーツは、i-FILTERとm-FILTERのクラウド版の提供を開始する。それぞれ単独でも提供可能だが、新たに「統合簡易設定画面」や「統合レポート画面」が提供されるなど、i-FILTERとm-FILTERの親和性がより高まったサービスとなる。杉田課長は、こうした新機能に加えて、「機器を調達するにあたってのリスクがなくなる。導入までのスピードが早くなるため、提案の幅が広がる」と大いに期待しており、クラウド版を積極的に提案していく考えである。