伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2015年より、リセラーとしてニュータニックス製品を国内外の企業・団体に販売している。ニュータニックス“純正”のアプライアンスである「Nutanix NX」のほか、OEM製品の「Dell EMC XC」「Lenovo HX」の各シリーズ、さらには、ニュータニックスのハードウェア互換性リストにある「Cisco UCS」や「HPE ProLiant DL」といったハードウェア販売を中心にニュータニックスビジネスを展開してきた。情報通信事業企画室ITビジネス推進第1部クラウドソリューション推進課の瀧 慎一郎氏は、「Cisco、Dell EMC、HPEのどのサーバーについても、当社は17年度の国内販売実績ナンバーワンだ」と強調する。


情報通信事業企画室
ITビジネス推進第1部
クラウドソリューション推進課
主任 上野浩稔氏
 また、ASEAN地域ではマレーシア、シンガポール、タイ、インドネシアにあるCTCの現地法人を通じて、日系企業などにニュータニックス製品を販売している。日常の運用管理を現地スタッフに任せられる“手離れ”のよさなどが歓迎されているという。

 18年度からは、ハードウェアの販売を継続しつつ、「Enterprise Cloud OS」のソフトウェアライセンス販売も増やしていく方針。同課主任の上野浩稔氏は、「アプライアンスが2割、OEM製品が3割、ソフトウェア販売が5割の心積もりだ」と説明。今後はEnterprise Cloud OSに対応するサーバーが増えると見込まれるため、企業・団体にとってHCIはより求めやすくなるとみている。

 
情報通信事業企画室
ITビジネス推進第1部
クラウドソリューション推進課
瀧慎一郎氏
 あわせて、他社製ソフトウェアとニュータニックス製ソフトウェアを組み合わせたソリューションの提供も積極的に進める考え。例えば、案件の多くを占める仮想デスクトップ基盤(VDI)のソリューションが挙げられる。「『Nutanix Acropolis Hypervisor(AHV)』の上にシトリックス・システムズのVDI環境を構築すれば、低コストでスモールスタートが可能」(瀧氏)。また、「ストレージの速度が速いので、高いレスポンスが得られる」(上野氏)こともポイントだ。

 CTCでは、今後のオンプレミスビジネスはHCIを中心に進むと予測し、17年度では1年間をかけて全ての営業担当者とシステムエンジニアに対するHCI教育を社内で実施した。「18年度はその次の段階として、Enterprise Cloud OSとサーバーをどのように組み合わせれば顧客のニーズに合ったシステムを提案できるかを教えていく予定」だと上野氏。ビジネスをさらに伸ばすための商材として、Enterprise Cloud OSを活用していく考えだ。