各企業がDXへの対応を進める中、「ローコード開発」が注目を集めている。ベンダーにとっては、作業時間を抑え顧客ニーズの変化に合わせたシステム開発や機能追加が可能になるほか、簡単なアプリケーションであればエンジニアではないスタッフでも開発できる。最短数日でシステムを構築でき、急な環境変化へ迅速に対応できるため、新たなビジネスチャンスが生まれる可能性を秘めており、さまざまなベンダーが関連ビジネスに着手。最新テクノロジーを統合したアプリを複数のデバイスに展開できる開発プラットフォームの提供が始まっているほか、パートナー連携を強化しながら共創ビジネスを推進するケースも出ている。

■詳しい記事はこちら

エイチシーエル・ジャパン 顧客を魅了するアプリをローコードで迅速に実現!「HCL Volt MX」 先端テクノロジーを統合したアプリをスマホ、Web、タブレット、IoTに展開

マジックソフトウェア・ジャパン SoRからSoEまで広くカバーし自由度の高いシステムを実現 MDPPを通じてパートナー連携を強化し、共創ビジネスを推進