電通グループの情報システム開発会社である電通国際情報サービス(ISID)のトップ、水野紘一社長は電通との連携をさらに強める方針を示す。情報システム子会社とはいえ、「親会社との戦略的な連携がこれまでほとんどなかった」現状を打破し、電通との共同提案で顧客開拓を図る体制づくりを進める。昨年6月、電通からISIDに移籍してトップに就任した水野社長の狙いは何か。