KeyPerson

税改正後の“凪”でも100億円堅持 「第2期創業期」の舵取り役担う

ピー・シー・エー 社長 水谷 学

取材・文/谷畑良胤 撮影/大星直輝

2007/07/16 18:05

水谷 学

週刊BCN 2007年07月16日vol.1195掲載

 業務ソフトウェアベンダーのピー・シー・エー(PCA)は、大幅な業績アップを目指す「第2期創業期」に向けた体制整備を急ピッチで進めている。中期的には、売上高100億円を維持し続けることが目標。6月22日付で川島正夫・前社長からバトンを受けた、技術者で公認会計士でもある水谷学・新社長は「『消費税改正』は“台風”。そのあとに訪れる“凪(なぎ)”のなかでも100億円を維持する」と、当面の追い風となる「消費税改正」をターゲットにしつつも、そのあとの成長戦略をすでに描いている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

おすすめ記事